GRIPの活用方法の活用方法
お客様のプリペイドカードとしての自己利用、ギフト利用、店舗プロモーション利用など様々シーンで活用できます。
GRIPの活用方法
ハウス電子マネー・プリペイドカード
繰り返し何度でも入金できるプリペイドカードを、自社の店舗で使用できるハウス電子マネーとしてご提供することが可能です。
クーポン・ポイントカード
従来の紙製商品券をプラスチックカードへ電子化することで、デザイン性を向上させ、よりスタイリッシュなギフトサービスのご提供が可能です。金券の管理業務負荷を大きく改善することが可能です。
クーポン・ポイントカード
クーポンやノベルティ等、来店促進ツールとして、様々なプロモーションに活用することが可能です。
ケーススタディ
コーヒーチェーン
ファーストフードチェーン
課題
紙のスタンプカードは、簡単に作れて分かり易いけれど、データ化できないから次の打ち手に欠ける・・・。
解決策
チャージ及び利用時、金額に応じてポイントが貯まるプリペイドカードを発行。飲食店では難しかった、顧客の来店頻度を可視化。期間限定のチャージキャンペーンを実施することで、チャージ総額アップ。チャージ単価 の高い顧客の来店頻度は上がり、現金支払い顧客と比較し、10%の購買単価アップ。
スーパーマーケット
ドラッグストア
課題
従来のポイントカードでは、競合他店との差別化が難しい・・・。
解決策
店舗及びネットスーパー双方で利用でき、共通のポイントが貯まる。ハウス電⼦マネーを発行することで、小銭の取り扱いが減り、レジの処理スピードが上がるなど、双方のメリットを最大化することが可能。POSデータ及びCRMツールとの連動によりマーケティングデータを収集し、効果的な販促を実現することが可能です。
クリーニングチェーン
課題
競合他店との激しい価格競争に勝ち残るため、付加価値サービスで差別化を図りたい・・・。
解決策
3,000円チャージすると、3,300円分使えるお得なプリペイドカード。プリペイドカード利用顧客は、折り目加工や撥水加工等、オプション購入率が高く、スタッフも積極的に販売することができ、10%の購買単価アップが実現。繁忙期前にプリペイドカード会員限定セールを開催することで繁閑の波を平準化することが可能です。
デジタルコンテンツ
オンラインショップ
課題
Web販促が中⼼だったデジタルコンテンツ(ゲーム、その他)。更なる集客に課題・・・。
解決策
Webサイトにて、カード番号とPINを入力することで、バリューカードによるオンライン決済が可能です。プリペイドカードを発行し、「ギフトカードモール」を活用して販売すれば、効果的な流通チャネルを獲得でき、新たな顧客へのアプローチが可能となります。
ファッション
アイウェア
課題
サイズや色の好みがあるからプレゼントに対応することが難しい・・・。
解決策
好きな⾦額を購入できるオシャレなデザインのギフトカード。期待に応えるのが難しかったプレゼントニーズ、もらったヒトが好きな商品と交換でき、ショッピングも楽しめるスマートな贈り物としてご提供可能です。
Copyright (c) GRIP. All rights reserved.| Produced by TT&I 株式会社